いつも遠くを見ているキミを、本当はたぶんずっと……好きだった


放っておけない
私が支えなくちゃ
それが私の役割だから、義務だから……

そんな理由、全部建て前でしかなくて、本当はただ傍にいたかっただけ――

近すぎてなかなか気づけなかった想いを自覚した時、
その目はすでに遠くを見ているとわかった。

視線の先にいるのは……誰?






※「それでもキミに恋をした」「キミの秘密も愛してる」のひとみ視点です。
  あわせて読んでいただくと、それぞれの状況と心情がよりわかるかと……
  もちろん、これだけでも楽しんでいただけるようになっております。

あらすじ

心臓に病気を持つ従兄の海里を、誰より近くで見守ってきたひとみ。

彼への気持ちが恋心なのではないかと、ようやく気づいた十六歳の初夏、海里に好きな相手ができたようだと察する。
それは一生一度の大失恋だった――。

悩んで傷つき、それでも真摯に向きあい、なんとか新しい関係を築こうともがく日々――それは、永遠の別れへ向けての準備期間でもあり、ひとみが自分を取り巻く世界を再認識していく日々でもあった。

この作品のキーワード
初恋  いとこ  片思い  失恋  高校生  切ない  感動  泣ける  幼馴染