いつも遠くを見ているキミを、本当はたぶんずっと……好きだった。

近すぎてなかなか気づけなかった想いを自覚した時、
その目はすでに遠くを見ているとわかった。

視線の先にいるのは……誰?



※「それでもキミに恋をした」「キミの秘密も愛してる」のひとみ視点です。
  あわせて読んでいただくと、それぞれの状況と心情がよりわかるかと……
  もちろん、これだけでも楽しんでいただけるようになっております。

この作品のキーワード
初恋  いとこ  片思い  失恋  高校生  切ない