「プロにはならないの?」



ご飯が一段落して、高木くんは頬杖してる。ニコニコ……そういえば高木くん、私をいつもニコニコ見てた。たまに見せる怖い顔は私には向けなかった。



「あ……てか、そんなに甘くない気が……でも、あの……毎日シコシコ描いてる……」



「楽しいんだ?」



「え?」



「漫画描くの、楽しいんだ?」



「うん……楽しい。プロにはなれないけど……」



「ああ、そういう奴がいつの間にかなっちまうんだよ」



「え?」



「あらまきは気づいたらプロの漫画家になっちまってたっつうパターンだよ、きっと」



「そ……そんな」



「ま、所詮、第三者の責任のない意見なんだけどさ」



意外。てか、こんなに支持、てか、笑わないで馬鹿にしないで話聞いてくれる人に会ったの初めて。しかも、高木くんに。





この作品のキーワード
短編  純情  不良  地味子  ヤンキー  オタク