私は春野春。
私は色がわからない。
空も海も何も分からない。いつか見てみたい。

そこであったのが川崎海くん。
メガネかけてて地味だけど賢くて、
でもぼけっとしてて…。
たまたま席が隣だった男の子。




彼は私に色を教えようとしてくれた。





こんな2人の物語。
果たして春は色を見ることができるのか、海と春の関係も発展するのか…

この作品のキーワード
障害者  恋愛  泣ける    地味男