こんな世界壊れればいいのに





誰も助けてはくれない世界





毎日毎日理不尽な理由で殴られる世界




こんなクソみたいな世界でなんで生きてるんだろう




早く死にたいとどんなに願ったことか




でも、そんな感情を抱いたとしても




けして、死なない





それはなぜだろうと一生懸命





考えていた、君に出会うまで