「奏?





大丈夫?」









「んんんー?」






「奏!起きて!」
















「華?




ごめん、ねてた......」





「奏、最近寝てばかりじゃない?





大丈夫?」






ハハハと笑って







「大丈夫......だと思う。




最近ちょっと酷くてさ......




全然寝かせてくれないんだよね.......」







「大丈夫?




辛かったら話聞くからさ。





溜めないで言ってよ?」






華は私の過去を知っている唯一の人だ





「ありがとう。」








そう言ってくれた、華に感謝しながら





でも、迷惑かけたくないという






思いがいつも勝ってしまう。