「華、ごめんね」




「謝らないで。大丈夫だよ!」




ん?





ちょっと苦しくなってきたかも






「はぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁはぁ

華くる、しいはぁはぁはぁはぁはぁはぁ」





「奏?大丈夫??!」




私はここで意識がなくなった。