どうしたものか






そんなことを考えていて





気づいたらため息をついていた。






そうすると同僚の涼介が





「どうした?




翔、ため息なんかついて。






お前が悩み事か?」














「俺だって悩むよ笑




それより、奏ちゃんのことが心配で





痣とか傷が凄いし、」




「あぁ、奏ちゃんな。




確かに心配だ。



あと、聞いた話によると白血病だったっていう




話を聞いたんだが。」






「あぁ、そうなんだ。




白血病で、喘息も持ってた。




でも、すごく前に奏ちゃんのカルテが





病院にあるんだよ。だから、なんで




その間来なかったのかとか、色々気になってな」







「起きたら聞いてみたらいいんじゃないか?」






「あぁ、そうするよ。」