ポンポン




うん?



誰かに肩叩かれた?





後ろを振り向くと涼介がいた。









「翔、お前そんなに思い詰めるなよ



奏ちゃんはきっと目を覚ますよ。




お前がまずしっかりしないといけないんだから。




奏ちゃんが大好きなのは分かるけどさ。」





「俺は奏ちゃんのために何も出来なくて、




ダメな主治医なんだなっておも....




「そんなことないからな?





お前はいつも患者のことを一生懸命考えてるじゃん




奏ちゃんが起きたらお前の気持ち伝えてあげな。



今は奏ちゃんが起きるのを待つしかないよ



でも、絶対起きるから



あんまり思い詰めるなよ。



話ならなんでも聞くからさ」



「おう、ありがとな。



お前のおかげで少し元気出たわ」




プルプルる



「はい、小林です。」





「奏ちゃんが目を覚ましたんですが.....




とにかく早く来てください。」




どうしたんだろう?




とりま、奏ちゃんの病室に急いだ。