はじまりは、星の女神の目覚め――。

ランドーラ王国の片隅で、女神が幾千年の眠りから、ひょっこりと起き出した。


* * *


同じ時、日本の片隅で一人の少女が流れ星に祈った。

「ここじゃない、どこかに行きたい――」


* * *


その瞬間、女神と少女の運命がリンクした。

これは、ちょっと臆病で、とっても頑張り屋さんの少女が異世界にトリップし、庇護者になった過保護な将軍様から誠実に献身的に愛される、
超絶お得で美味しいお話。

この作品のキーワード
異世界  トリップ  溺愛  同居  体格差  年齢差  将軍