【小説家になろう×スターツ出版文庫大賞<ほっこり人情部門>受賞作】


お仕事×付喪神×片思い=新米店主の奮闘記。


亡くなった祖母の遺産として菜乃華が継いだのは、暗くて狭い路地の奥にある不思議なお店。そこは、傷を負った”本の付喪神”を癒す町医者だった。
新米店主となった菜乃華は、祖母の親友であった付喪神の青年・瑞葉に支えられながら、店を訪れる付喪神たちと向き合っていく。

猿の坊さんにそそっかしい青年、ぬいぐるみみたいな猫、他にもたくさん。個性豊かな付喪神との出会いが、菜乃華にもたらすものとは――。

これは、”本の付喪神”を癒す力を持った少女と付喪神たちが織り成す、絆の物語。

この作品のキーワード
お店もの  職業もの  片想い  付喪神  本の修復  女主人公  現代  青春  神様  受賞作