一度大切な人を失うと、
大切な人を作るのが怖くなる。

私もそうだった。

でも、その不安を上回るくらいに手放したくない、
そう思える人に出逢った。


それが彼だ。




でも、彼には秘密があって、
私も彼に秘密にしていたことがあった。




「はい、よろこんで」

私の告白に涙を流しながら答えてくれた彼の苦しみを
私は何も知らなかったんだ。