新卒で入った会社は例のごとく『ブラック』ってやつで
皆 やらなきゃ、やらなきゃ、で働いていた。

そんな毎日。
何時ものように、
コンビニよって
俺のアパートへと
家路についた夜中12時。
あぁ、過ぎていたかな?


歩道橋を渡ればよかったんだけどな。


夜中だし、
大丈夫、なんて 疲れ切った頭では
正常な判断ができなかったんだよ。


気が付いたら
ぱぁって 車のライトが迫ってて・・・


俺の意識も ホワイトアウト。

俺も悪いけどーーちゃんと前見て運転しろよーー!!

そんなことを思いながら
意識を手放した。




と、思ったら、あれ?
ここ、
どこ??
って、俺・・・ちっちゃくなってる!??


魔法と冒険の世界で、俺!
冒険者目指して頑張ります!

あらすじ

前世、ともいえる記憶を思い出したことで
体内の魔力が落ち着いた
ルアーニアル王国の第二王子 フランチェスコ。

彼の夢は『冒険者』
貴族同士の面倒な腹の探り合い、
兄であるアレッサンドとの政権争いなんてしたくない。

せっかく
魔法が使えるんだら、
ここは、だまって「冒険者」でしょう!

婚約者に対して
芽生えかけた愛情の気が付かないふりして彼は冒険者として
旅立つーーーのか?

この作品のキーワード
第二王子  勘違い  騎士  魔法  軽く読める  恋愛は微弱  友情