「あははっ!!ねぇ、俺気づいてるよ?君がつけてるってこと!」

「おぉ、おぉ、泣かないでくれ。今から検診するからね。」

「うふふっ、やっぱり美味しいわぁ……。」

「ちっ……うぜぇな。失せろ。」

「…ぼ、僕には……、、ここを護ることしか、出来ないから……!!」





5人の不老不死を、貴方は知っていますか?



「生きる意味がないんだったらそれまで君について行く。」



これは不老不死と一人の人間のお話。



________


⚠このお話はフィクションです。
暴力や差別用語が出てくることもありますがそれを推奨するものではありません。
少し、グロい描写が出てくることがもしかしたらこのさきあるかもしれません。

これらに関することが苦手な方はUターン推奨です!

この作品のキーワード
不老不死  殺し屋  医者  双子    天才  動物  感情