幼い頃に抱いたトラウマがある。
それでも私は強がり続けた、誰にも迷惑を掛けたくなくて。
だけど、君の言葉が私を色付けていく。
君への想いが、心を彩っていく。

言葉の大切さを、知っていますか?
想いを、気持ちを、伝えられていますか?

これは、生まれつき声がでない少女が奏でた、カラフルな恋の歌。

目次

この作品のキーワード
楽器  スマホ  青春  純愛  スタ文大賞3