新しい春になり、また桜の季節がやって来た。いつものように憂鬱にそのピンクの世界を眺めている私に、春樹はいきなり言う。
「あの話、考えてくれた?」
「なに?」