「別れる話、真剣に考えて欲しいんだ。」
「まだそんなこと言ってるの、あの女とは終わったんでしょ。彼女、遠くへ引っ越したって聞いたわよ。それともまだ続いてるの?」
「ああ、彼女は遠くへ行ってしまったよ。でも、君と別れることは、彼女とは関係はないんだ。」
「だって、あなた言ったじゃない、彼女を好きになった、彼女に恋をしたから、私と別れたいって。」
「ああそう言った、あの時は確かにそう思っていた。彼女はもう僕の前から姿を消したよ、でも、君と別れたいのはそのこととは少し違うんだ。」
「どういうこと、言ってることが分からないわ。」