春樹と別れても、私は月に何度も春樹に電話をした。家や学校に、何かと用事を見つけては電話をした。春樹はその都度、穏やかに応じてくれる。日が経つにつれ、以前の穏やかな春樹に戻ることがわかる。私はあれからも春樹と住んだ団地に残っていた。だからいつでも春樹は私のところに戻ってこれた。なのに、いつまで待っても春樹はその言葉を言わない。