もう一押ししよう。私が再婚すると伝えたら、きっと春樹は、私を失うことの大きさに気づくだろう。私がほんとうに春樹の元を去ると知ったら、春樹は私を手放すことを惜しくなるだろう。そう思って決めた再婚だった。
 なのに、春樹のやけにすっきりとした顔を見た時、私はもう、どうでもいいような気がした。こうなったら、思いっきり幸せになって、春樹に見せつけてやろう、そんな気になった。