再婚してからも、春樹との連絡は取り続けた。春樹がどんなふうに生きるのかが気になったから、もしも春樹が誰かを好きになるようなことがあるならば、そんなことは考えたくもないが、それでもそんなことがあるならば、私はそれを見届けなくてはいけないと思ったから。