★★★★★
タイミング
ずっと想いを寄せていた上司。そんな上司が会社を退社することになり、もう会えなくなると思った主人公は、酔った勢いと最後という思いから、今まで抑えてきた気持ちを溢れさす。
どうせ駄目だろうと自分でも思っていたのだが――…

別れのタイミングというところから変わる関係。だからこそ、信じることもできず、不安に陥る主人公。そして、彼女の傍で支えてくれる新しい上司と再会した上司。
上司の新たな環境と立場と、不安な中で知る女性の存在。
意味深な女性の言動から、彼女とのことがはっきり書かれていないこともあり、少しモヤモヤ感が個人的には残ってしまいました。
聖凪砂
19/02/17 01:48

>>新着レビュー一覧へ