──生きるって難しい、と思った

どうにも息苦しくて
どうにも逃げてしまいたくて

もし君と出逢わなければ
きっと世界はあのまま廻っていたけれど


でも、もしかしたら……

生きるって

そんなに悪いものじゃないかもしれない


*



こんなにも誰かを好きになるのは初めてで

どうしてももう一度君に会いたくて



この手を、伸ばしたんだ。

この作品のキーワード
スタ文大賞3