「ねぇねぇ、聞いて!バイト先で知り合った彼がすごくイケメンでね」


「キャーッ!羨ましい!」


「私、部活の先輩と最近いい感じなんだ~!」


朝から女子たちの恋バナで盛り上がる教室。


6月の少しじめっとした空気の中、今日もうちのクラスはすごく賑やかだ。


私はそんな楽しそうにはしゃぐ集団のすぐそばで、静かに一人読書をしていた。


高校二年生になって、クラス替えがあって、約二か月。


だいぶ今のクラスにも慣れてきたかなという今日この頃。


新しい友達も何人かできたし、学校には楽しく通っていると思う。


だけどいつも、こういう話題には、自分はなかなか入っていくことができない。


他の女の子たちはみんな、恋バナや男の子の話で盛り上がってるのに……。


いまいちそういうことに夢中になれないし、恋愛とか、男の子に対してあまり夢を見れないというか。


どこかで自分には関係のないことのように思ってしまうんだ。


これもきっと、半分はうちのお兄ちゃんのせいだと思う。


この作品のキーワード
一途  胸キュン  イケメン  ベタ惚れ  泣きキュン  ピュア  切ない  男性不信  プレイボーイ  本気の恋