それから数日後。


その日の3,4時間目は家庭科だった。


教科を選べる選択授業の時間なんだけど、私は璃子と一緒に家庭科を選んだので、今日は家庭科室にてエプロン姿で調理実習。


課題のメニューはクッキーだったので、みんなおしゃべりしながら和気あいあいとクッキー作りを楽しんでいた。


冷蔵庫で冷やした生地をめん棒で平らに伸ばし、好きな形に型抜きしていく。


私が一人で黙々と型抜きの作業をしていたら、隣で璃子がその様子を見ながら感心したように声をかけてきた。


「雪菜はほんと、手先が器用だよねぇ」


「えっ、そう?」


「うん。器用っていうか、家庭的だよね」


……家庭的、かぁ。


その言葉は確かに、お兄ちゃんにも言われたことがある。


この作品のキーワード
一途  胸キュン  イケメン  ベタ惚れ  泣きキュン  ピュア  切ない  男性不信  プレイボーイ  本気の恋