次の日。いつものように学校に行ったら、璃子が少し慌てた様子で私の席にやってきた。


「おはよう!雪菜」


「おはよう」


「ねぇ、聞いた?昨日大変だったらしいよ!」


「え?何が?」


昨日?大変?


「彼方くんが他校の不良男子に絡まれて、殴られたんだって!!あのキレイな顔に傷付けるなんて、ほんとひどいよね~!」


「え……」


どうやらさっそく昨日の出来事が噂になっているみたい。さすが人気者な彼のことだけある。


「なんか朝見たら顔に絆創膏貼っててさ。痛々しくてかわいそうだったよ~。しかも彼方くん別に何もしてないのにその男、突然変な言いがかりつけて殴ってきたらしいじゃん。ほんと最低だよね!」


「そ、そうなんだ……」


この作品のキーワード
一途  胸キュン  イケメン  ベタ惚れ  泣きキュン  ピュア  切ない  男性不信  プレイボーイ  本気の恋