「私が目を閉じたら、別れていいよ。死んだら、別れてください」

「……無理なダイエットで貧血起こしただけで天国とか寝ぼけるやつが簡単に死ぬか、あほ」

-------------------

散々嘘を吐いた。けれど、それでも彼は別れない。
「俺は、まだ桃花が好きだよ」


どうしたら別れてくれるのだろうか。
分からなくて焦った私は嘘を吐く。

「私、――なの」


彼の目は閉じなかったので、両手で隠してお別れのキスをした。


――――
お見合い相手だった寡黙で知的な彼と、婚約中。
自分の我儘に振り回した挙句、交通事故に合う。

それは予期せず、防げなかった。
けれど彼が辛そうに自分を扱うのが悲しくて、別れを告げる。

まだ好きだという彼に大ウソを吐いて。

「嘘だったなら、別れ話も無効だ」
彼がそういのだが、――ちょっと待て。

寡黙で知的な彼は何処?

「それは、お前に惚れてもらうための嘘」

あれも嘘、これも嘘、嘘ついて、空回る恋。

それでも。

もう一度触れた手は、優しい。

「もう一度言うけど、俺は桃花が好きだよ」


ーーーーーー
性悪男×嘘つき女の、空回る恋
ーーーーーー

元銀行員ニューヨーク支社勤務
現在 神山商事不動産 本社 新事業部部長(副社長就任予定

神山進歩 29歳

×
神山商事不動産 地方事務所 事務員

都築 桃花 27歳

ーーーーーー
**ゆき**さま
レビューありがとうございます。

この作品のキーワード
婚約  性悪  婚約破棄  結婚    不器用  お見合い  御曹司  溺愛