大事なものを失って
幸せな人が羨ましくて心の中だけで
当たり散らすような日々だった。

「一人じゃない」

そんな時、君が
そっと優しく抱きしめてくれた。

そんな君に恋をした

暖かくて優しい恋になるはずだったのに。

どうして________

「もう、帰って」

傷つけて

「じゃあ俺はどうすれば良かったんだよ!?」

傷つけられて

それでも、私は君に恋する。

大切なものを失った少女
野中 桜(のなか さくら)

神社にいる謎の青年
モエギ


苦すぎる一生に一度の恋が今、始まる

この作品のキーワード
泣ける  神様  神社  切ない    イチ恋小説  甘くない  微糖  花火大会  号泣