ガラスのバラに

覆われた部屋

目覚めたとき

記憶はなかった


抱いていたのは、ページの無い一冊の本


あたしは何者なの?


少女ティナの、記憶を辿る冒険






――◆――



『起こしたからには連れてけコノヤロウ』


『仕方ねえからついてこいバーカブース』



――◇――
→Welcome to
“COUNTRY LOOKS”...


※こちら『コスモスの記憶』の加筆修正版です。修正終了後は加筆修正前の『コスモスの記憶』は削除します。本棚に並べてくださっている方にはご迷惑をおかけします。

この作品のキーワード
記憶  冒険  家族  純愛