君との出会いは、紫陽花が咲き始める頃で梅雨の始まりを知らせるかのように雨音のメロディーに誘われるようにだった....。