君との出会いは、紫陽花が咲き始める頃で梅雨の始まりを知らせるかのように雨音のメロディーに誘われるようにだった....。

あらすじ

さまざまな問題があるのを乗り越えて、幸せをつかむまでです

この作品のキーワード
イチ恋小説  失恋  結婚式