姉が家に連れてきた婚約者は"吸血鬼"だった。
 
「私、この人と結婚するわ」

私は彼の秘密を知ってしまって……

「彼女は知らないほうが幸せだよ」

私は彼を……

そして謎の外国人が現れる


彼らに私の心は乱されていく

翻弄される運命に私は……

表紙は下書きです。

あらすじ

28にもなってお姫様願望を持つ姉が彼氏を連れてきたぜ!
なんと、吸血鬼だってばよ!

よく分かんねえインドネシア人とか、牛の経営するカフェとか全面的に赤い駅とか、世の中には知らないことがいっぱいだな!
オラわくわくしてきたぞ!

私は母の扶養家族!

連載中!!


謎のインドネシア人は最後まで謎ですし、恋愛もないのでそのつもりでお読みください。

この作品のキーワード
吸血鬼  社会人