キミに告白されたとき、奇跡だと思った。


わたしも、キミのことが好きだったから。


……それなのに。


「花音。…………別れよう」


キミは、突然別れを告げて、姿を消してしまったーーーーーー





本作は、“逢うことすら叶わなくても、キミの幸せを祈ってる。”の続編になります。

前編読了後推奨です。

この作品のキーワード
短編  続編  遠距離恋愛  切ない  指輪