「静かな夜の闇の中に、太鼓の音がひびくと、大きな山車がゆうらりと現われる。道の向こうからスローモーションのように現われるその光の塊は、荘厳であり、静寂であり、山車を引く人々の声とリズムに、僕は哀感のようなものを感じる。山車の光に照らされて、奈月の顔が輝いている。きらきらと輝くその顔を僕はじっとみつめていた。」

 

目次

次へ

この作品のキーワード
大人の恋  不倫  疑い  嫉妬  略奪  すれ違い  浮気  結婚  同僚  後悔