「俺はね、死んだときに迎えに来てくれるのが
瀬戸さんだったらいいなって思ったんだ」



それは一つの告白から始まる
友達以上恋人未満の曖昧な関係。

何気なく私に触れる彼は
恋が分からないと謂ったのだ。


【神様には成れない。】


この作品のキーワード
盲信  恋愛  同い年  臆病  神様  大学生  曖昧  初心  じれったい  野いちご大賞