轟めい、16歳。私には双子の兄、焦凍がいる。そして、「でんでん」こと上鳴電気と付き合っている。クールで無口な焦凍だけど、私はそんな彼の本当の優しさを知っている。好き──これは兄妹としての気持ちなのか、それとも…。そんな葛藤の日々。ある日、でんでんと私が付き合っているという噂がクラスに広まり、焦凍に知られてしまった。

この作品のキーワード
ヒロアカ  オリジナル  轟焦凍  双子の兄妹  轟めい  上鳴電気