僕は今日、

最愛の人に殺される──



三軒隣の家に住んでいた初恋の女の子が、
十四歳のとき、家庭の事情により
遠くに引っ越すことになった。


音信不通のまま、
四年の月日が流れたある日のこと。


「──久しぶり、ハル」


彼女が突然、僕の前に現れた。


昔と変わらず天真爛漫で
笑顔の絶えない彼女だが、
なんだか様子がおかしい。


何か重大な隠し事をしているようだった。


その日の晩、
違和感を覚えながらも彼女を駅まで見送り、
僕は帰宅したのだったが……。




◇本作は【31人の死刑囚】の番外編です◇
番外編ではありますが、
本編をお読みでない方でも
お楽しみいただけるかと思います。


◇注意◇
作品の後半で流血・暴力的なシーンがあります。



この作品のキーワード
泣ける  切ない  サスペンス  幼馴染  サッドエンド  恋愛