枕草子を読み、要所をメモします。

つれづれなぐさむるもの、物語、碁、双六。

この作品のキーワード
枕草子  四季  日本  古文