「ここ、どこ……?」

目が覚めると知らない場所だった。
思い出そうとするとあたまがずきずきと痛む。

「気が付いたんだ。
無理に思い出さないで」

この男の人は、いったい誰……?


記憶を失った知重と、黒縁眼鏡の恋人だという佑真。

……そして意識が戻ったとき、手に握られていた銀縁眼鏡。

私が失ってる記憶って、なんなんだろう?

この作品のキーワード
眼鏡  眼鏡萌え  眼鏡男子  サスペンス  恋愛  純愛  大人の恋  メガネ男子