「あー、あれね。失敗っていうか、『恋人作る気ない』って断られた」

「そうなの?残念」

「でも悔しいのがその後でさぁ」



その後?

自分が去ったあとのやりとりだろう、その内容を知りたくてさらに耳を傾ける。



「『家にほっとけない奴がいるから。今はそいつで手いっぱい』なんて、おかしそうに笑うんだよ?それって絶対彼女じゃん!」



彼女は悔しそうに言うと、手にしていた飲みものを一気飲みした。



家に、ほっとけない奴が……。

その言葉に特別な意味なんてきっとない。ただ単に『手がかかる同居人』というだけ。

だけど、それでもうれしい。



恋人じゃなくても、その胸にいられるなら。

それだけで、いい。そう、また強く思わせた。




この作品のキーワード
同期  オフィスラブ  同居  クール  社長秘書