『長嶺?なにしてんの』



傘を差し出してくれた彼の優しさに、平然を装えず私はわああと泣いてしまった。

それから嗚咽混じりで彼氏とのことを話すと、黙って全てを聞き終えたあと檜山が言ったのは



『じゃあ、うちくる?』



そのひと言だった。

驚いたけれど迷う余裕もなく頷いた私を、檜山はタクシーを拾って押し込んだ。

そしてそのまま連れられて来たマンションは、ひとり暮らしには不釣り合いなほど広く部屋数のあるこの家。



聞けば、友人とルームシェアをする予定でこの部屋を借りたはずが、その友人に恋人が出来て『彼女と暮らすから』とルームシェアをドタキャンされたのだそう。



『部屋は余ってるから勝手に使って』

『いいの?私他にあてもないし、引越し費用もないからしばらくお世話になっちゃうけど……』

『別に俺はいいけど』



そんな成り行きで、じゃあいろいろと落ち着くまで、という話で始まった私たちの生活。

それから引っ越し資金が貯まるまで、次住むところが決まるまで……そう言いながら段々とこの生活が楽しくなってきて、檜山といるのが当たり前になっていった。



次第に檜山は私を『ミネコ』とあだ名で呼ぶようになって、気づいたら私は彼を好きになっていた。

縮まらない距離は、今日ももどかしいけれど。





この作品のキーワード
同期  オフィスラブ  同居  クール  社長秘書