「沙帆先輩、新しい方のガラスクリーナーって新品持ってきてましたっけ? クリームタイプの方の」


手に持つ缶を揺すりながら、花梨は脚立の上から沙帆を見下ろす。


「うん、確か在庫一本持ってきてるはず。私、取ってくるよ」

「え、いいですよ、私行きます!」

「大丈夫、ちょうどダスター取りに行こうと思ってたから、ついでに見てくるね」


脚立を降りかけた花梨が「すみません、ありがとうございます!」と言うのを背に、沙帆は駐車場に停めてある社用車に一人向かった。

十一月中旬――。

秋も深まり、街を歩けば落ち葉の絨毯が広がる。

青かった葉は鮮やかに紅葉し、病院前のいちょう並木は多くの人が散歩を楽しみに訪れていた。

怜士との共同生活は、特に大きな変化なく続いている。

相変わらずあまり家で顔を合わすことは少ないけれど、会えば他愛ない話をする。

この作品のキーワード
医者  ドクター  お見合い  政略結婚  俺様  胸キュン  イケメン  婚約  契約  運命