お弁当箱の中からミニトマトを箸で摘み、口へ運ぼうと持ち上げたところでコロリと落っことしてしまう。

運良くお弁当箱の中に落下したけど、つい深いため息をついてしまった。


「沙帆先輩? 大丈夫です?」


となりでサンドイッチを食べる花梨が、手を止めて沙帆を見つめる。


「ああ、うん、ごめん、大丈夫……」


仕事がひと段落し、お昼の時間。

今日も新しく配属された関東医科大学附属病院へと訪れている。

病院内の比較的誰の邪魔にもならない中庭の片隅で、花梨と二人きりのランチタイム中だ。


「もし、体調悪かったらすぐ言ってくださいね」

「ううん、体調とかは全然大丈夫」

「じゃあ、何か悩み事ですか?」


弱々しくも笑みを浮かべながら、沙帆は横に首を振る。

取り繕いつつも、頭の中はこの間のお見合いから怜士のことがグルグルしていた。

この作品のキーワード
医者  ドクター  お見合い  政略結婚  俺様  胸キュン  イケメン  婚約  契約  運命