ずいぶんと長い眠りだった気がする。暁夏奈(あかつき・かな)は目覚めた。ぼやけながら映るのは、白い天井と薄桃色のカーテン。

ゆっくりと身体を起こしてみる。時計の針は2時を過ぎた頃だ。

「ここは……」

夏奈は呟いた。見覚えのない場所に、戸惑いを隠せない。

「目が覚めたみたいだね」

ふいに男性の声がし、カーテンが開いた。現れたのは背の高い、黒髪の男性。20代後半といったところか。

「驚かせてごめんね。僕は、遠藤学(えんどう・まなぶ)って言うんだ。ここではみんな、僕のことを園長って呼んでるかな」

夏奈は混乱した。この人は一体誰? ここはどこなのだろう?

遠藤は笑顔を浮かべたまま、再び話し始めた。

「ごめんごめん、まずは今の状況と、ここがどんな所かを説明しないとね。ここは、サクラ学園っていう、うーん……学校みたいな所かな。この学園は、普通の学校と似たような生活をするんだけど、違うのはね…………


感情の一部が欠落したり、理解できなくなった子達が集まる場所、それがサクラ学園なんだ」