(色葉side)


「たくまくんは、大きくなったら何になりたい?」

「ぼく、お医者さんになりたい!」

「そうなんだぁ!
どうしてお医者さんになりたいの?」

「ぼくみたいに病気の人を治したいから!」

「そっかぁ…なれるといいね!」


一見元気そうに見えるたくまくんが、恥ずかしそうに頷く。


「はい、OKでーす」


いつもより小声の合図でカメラが止められ、俺は頬の力を抜く。

今日は病気の男の子の取材。

アイドルには、こういうチャリティー的な番組も結構多い。

単に子供が好きなのか、好感度を上げるためか、アイドルは子供たちに優しく話しかける。

俺は後者だ。
仕事だから仕方なく優しい顔をする。

子供なんて、人のこと考えない自己中心的な人種だから一緒にいるとイライラする。

昔からその考えは変わらない。


「如月さんって本当に子供嫌いですよね〜」


マネージャーは苦笑いしながら俺に問いかける。

子供たち可愛いのに、と少し嫌味を込めた言い方。

それもそれで腹が立つ。


「どこが?今日も騒ぐから撮影止まったじゃん。そういうところが嫌いだっつってんの」


あぁ…ムカつく。

そのイライラを晴らすために、俺は屋上に出て煙草を取り出した。

ライターがつきにくく、またどんどんイライラが募っていく。

やっと火をつけようとした時、後ろから声をかけられた。


「あの…」


ファンの人か…うぜ…

ため息をついた俺は持っていた煙草を背中へ隠しながら、いつもの笑顔を作って振り返る。


「あ、はい!どうしました?」






──それは一瞬の出来事だった。