前作 小恋歌の続きです。
登場人物の僕と私は同一人物です。

僕のその後について書かれてあります。

この話を読んで興味のわいた方は
是非 『小恋歌ー楽なロックな日常ー』も
読んでください。

もちろん、大戦歌から読み始めても
楽しめますが、
深く物語を楽しみたい方には
小恋歌も読むことをお勧めします。
 
小説の中に実在の政治家や女優、
他の漫画の中の登場人物が出てきて
「僕」が、実際に体験したり、伝え聞いた裏話を
この小説で披露します。
そこが黒歴史たる由縁です。
大人向けを読みたい方はBerry's Cafeで「大戦歌」を検索してください。
99%実話です。何のために書いたかといえば
聖書に載せるためです。
だったらいいなの話ですが、外典でもかまいません。


文章の技として
プロローグに
謎をこめてみました。
わかった方は笑ってください。
ヒントは漢字です。
わからなくても
本文は楽しめます
楽しんだ者が勝ちです。
感想お待ちしてます。

あらすじ

小恋歌の「僕」が世界から拒絶され
戦った物語
高校を卒業したところからスタート
救世主に指名されたことから
政治、経済、宗教と深く関わっていく過程を
和歌で書いてみました。

この作品のキーワード
聖書  短歌  ノンフィクション  バトル  SF  神話  歴史  政治  経済  宗教