ねえ店長、本心を見せてよ。本音で接してよ。
わたし、あのキスをずっと忘れられずにいるよ。

あらすじ

「カフェ 水鏡」でアルバイトをする渚(なぎさ)は憧れの店長にある日突然キスをされ、片想いをこじらせる。
本心を見せない店長だけど、美人の常連さんとは何やらいい雰囲気で、気になる渚。
同僚の二見くんにコーヒーの淹れかたを特訓してもらい、店長の気持ちを引き寄せようと奮起するけれど──。

東京の小さなカフェを舞台に咲き乱れる恋の物語。
野いちご世代に贈る、ちょっと背伸びのときめき恋愛長編です!

この作品のキーワード
連載  純愛  片想い  カフェ  アルバイト  店長  キス  恋愛小説  長編  コーヒー