★★★★★
コーヒーの香り、味わいとともに
大学生の女性とカフェの店長さんの初々しくもちょっぴり苦い物語です。
まだハタチにもならない少女から見て大人の男性は魅力的にうつるもの。店長に片想いする主人公の姿はまるですべての少女たちの姿のようです。店長に惹かれていく彼女の気持ち、そして店長の微妙な仕草や視線、店員たちとの交流……読んでいくごとに主人公を熱心に応援したくなります。果たして主人公の恋は実るのか。店長の気持ちは。時おり店を訪れる美しいお客様の存在も気になります。そして特筆すべきはおいしそうなコーヒーの描写。このお店のコーヒーを飲んでみたくてたまらなくなります。各章の主題がそれぞれコーヒーにまつわるものであることもお洒落。読み終えてみるとその通りの内容であったことがわかります。
切ない片想い、年の差カップル、甘くて苦いお話はお好みですか? そんなあなたのためにオススメしたい一作です。
鹿島茜
22/01/29 08:02

>>新着レビュー一覧へ