かつて裏の世界では知らぬ人などいない名前があった。


その名も 『黒桜』


だがいつの間にか黒桜は姿を消した






友達を作るのが苦手なぼっち少女
一ノ瀬 沙羅(いちのせ さら)

×

青龍の総長
神崎 瑠輝 (かんざき りゅうき)



少女は大好きな家族を亡くし、大切な人を失った。

少年は誇りだった兄を亡くし、愛する彼女を失った。

そんな2人は大切な人のために戦うことを決めた



ただ私は楽しい日々が続いて欲しかったそれだけなのに・・・







「青龍ってアイドルか何かですか?」

天然入り気味の主人公

「ここから動くなよ?」

いつもクールで少し怖いけど時々優しくて···
私、すっごくドキドキする。

こんなの初めて。



ぼっちな私が高校になって
友達がやっと出来たと思ったらそれは青龍の皆さんでした!!






初めての作品です。

表現が乏しくて分かりにくいかもしれません。
すみません!



楽しんでくださったら光栄です。



本棚に入れてくださった皆様
ありがとうございます。




読んでくださった皆様に感謝感謝です!!




この作品のキーワード
暴走族  過去  ぼっち  総長  記憶  秘密  地味子  真面目  天然