幸せってなんだろう。


幸せにも色々な形があって。


真っ先に思い浮かぶのは恋愛で。
思い、思われ、お互いが大切で愛おしく思う。



そんなの簡単だと思っていた。

大人になれば自然と味わうものだと思っていた。



でも、違った。



違ったけれど、わたしはそのとき確かに




シアワセでした。


藤井咲(ふじい さき) 大学2年生


「好きになったらいけないのは分かってます」



真山裕貴(まやま ひろき) 23歳



「俺のとこはそんなんじゃないんだよ」



辞めなければならないことは分かってます。



だけど神様、お願いです。




もう少しでいいから彼の側に、、






あらすじ

付き合って、結婚して、子供ができて、


家族で笑って過ごす。


そんな幸せ、大人になれば自然と築けるものだと思っていた。



そんなあたしの前に現れたのは




それを手に入れたはずなのにあたしに甘い言葉を紡ぐあなたでした。




この作品のキーワード
禁断の恋  切ない  泣ける  浮気  不倫