「なっちゃんなっちゃん! 今日はお鍋にしようね!」

「うん、分かったから声のボリューム下げようね」



私の夫は、



「なっちゃんなっちゃん! こっち向いて?」

「え? 何?」

「ちゅ♡」

「……!? !? !?」



私の事が、



「なっちゃん大好き」

「……ちょ、ここスーパー! お店の人が見てる!!!!」

「……なっちゃんまさかアイツの事好きなの?」

「はぁ!? なんでそーなるの!?」



………大好きだ。



「……アイツの顔に卵投げてやろうかな」

「……お願いだから早く帰ろう」



──異常な程に──。



※他サイトからの転載です。

あらすじ

顔良し頭良し高身長、更にはエリート営業マンで高収入である私の夫は……私の“元ストーカー”だ。──でも、『私の』ストーカーでは……ない。

この作品のキーワード
溺愛  ストーカー  結婚  ハピエン