――初恋は、まるでパンケーキのようだった。

 ふわふわで温かくて、メイプルシロップのように甘くて、上に乗っているバターのように、とろとろに溶けちゃうくらい彼のことが好きで。

 私、こんなに幸せでいいの?って聞きたくなるくらい、大好きな人と一緒にいられることが嬉しくて……。

 何をしていても、どこにいても、彼に夢中。
世界はふたりのために回っているんじゃないかと思うくらい、毎日が愛とハッピーで溢れていた。

 あんなに舞い上がっていたのは、私が若かったから?

 でも……あの恋は、私の人生を大きく変えるくらいの大恋愛だった。
今でも深く胸に刻まれていて、忘れることができない。

 だから私は彼にもらったものを大切に守っていくんだ。

 一人で、大事に――。