その俺の態度に戸惑う友里は、顔色を悪くしながら話す。

そうだよな。昔弄んだ相手が、職場にいたなんて驚くよな。
その困惑した顔を見たら、余計に腹が立つ。被害者みたいな顔をするなよ、お前は加害者だろ?

「いろいろ話したいこともあるし、勝手に辞めるなよ」

 これを機に、俺のトラウマに決着をつけよう。
なぜあのとき、俺と付き合ったのか。
他に好きな男がいながら、俺と付き合っていたのか。
どういうつもりで俺を弄んだのか。

 それを聞き出してやる。

 友里の口から全てを聞けば、俺のこの苦しみに終わりがくるだろう。

ずっと抱えたままだった、友里への想い。

真相を聞けば、納得して解放されるかもしれない。

 とはいえ、長年苦しめられてきているので、仕返ししたいという気持ちもあって……彼女に冷たい態度で接してしまう。

わざと困らせるようなことばかり言うなんて大人げない。

 一旦友里と別れたあと、落ち着くために部屋に戻りシャワーを浴びた。